スポンサー リンク

国民健康保険料の計算方法やシミュレーションとは!免除方法や軽減方法なども解説

こくみん

 

国民健康保険料は国民健康保険証を発行している市区町村等から課税されるもので、これを支払わなければ最悪の場合は健康保険証が使用できなくなります。

 

その一方で、この国民健康保険の計算は非常に複雑であり、しかも納付しなければいけない金額は割高になっています。

 

 

では、その計算方法はシミュレーションが可能かどうかですが、実は課税する市町村ごとで計算方法や免除となる金額、さらには軽減の対象になるかどうかについて、一定の違いがあるものなのです。

 

スポンサー リンク

 

国民健康保険料の計算方法では、基本的には確定申告で使用した所得や控除などがそのまま使用されます。

 

 

ただし、控除の部分では所得税などとは異なり、その種類も適用も大幅に少ない制度です。

 

 

スポンサー リンク

 

すなわち、国民年金保険料などの社会保険料控除については、国民健康保険料の計算では控除として利用できないようになっています。

 

 

考え方として健康保険に関するものが優先され、それ以外の社会保険料などは健康保険をまずは支払った後で適用されるべきという考え方があるからです。

 

 

したがって、所得税や住民税の計算で控除が出来た部分が控除されないため、結果的に国民健康保険料が割高になる仕組みになっています。

 

 

 

 

なお、所得が非常に多い人の場合は、その課税する市町村によって異なりますが、最高額という限度額は決められています。

 

 

いわゆる高額納税者のように非常に高額な収入を得ている人の場合には、国民健康保険料の負担は一定のところで止まるようにはなっているので、はるかに高い収入を得るような人の場合には、一定の金額負担でよくはなります、 反対に何らかの事情があってこの国民健康保険料の支払いが厳しい場合には、窓口に行って相談をすることです。

 

 

その地域ごとで定めている条例等により、免除の規定が備わっているケースはあり得ます。

 

 

自然災害なども同様です。

 

 

払えないからと言って放置するのはよくありませんので、まずは課税してきたところに相談を行うのが先決であると言えます。

 

 

スポンサー リンク

 

国民健康保険料の自動計算ならこちら

スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧