スポンサー リンク

退職金の計算シミュレーション!退職金の相場や、税金、運用の仕方まで解説します

tai退職金を巡っての処遇関係の関係は様変わりしていますから、勝手に想像しているととんでもないことになってしまいます。

 

 

もっとも大きく変化しているのは、制度そのものを廃止している企業が多くなっているということです。

 

スポンサー リンク

 

キャリア転職や月額処遇に関心が強まっていることなどが背景にありますが、採用するときに遠い先の退職金よりも、当面の収入を重視する人が多くなっているという事情もあります。

 

 

したがって、退職金制度を持っていても、月額給与や年俸制にウエイトを置くところも増えています。

 

スポンサー リンク

 

ということですから、相場というのは数字としては出てきますが、内容的には参考にするのは難しいものがあり、先々のファイナンシャル・プランなどを立てるのであれば、所属する企業の退職金規程に基づいて計算し、シミュレーションしておくのが間違いない方法です。

 

 

制度を持っているところは、前述のような点にまず注意することが大事ですが、大概は勤続年数が多くなると、厚く遇するというパターンであり、定年退職であれば、大きな加算があるという仕組みになっています。

 

 

直接関係する人に聞きにくいとしても、何らか数値や係数は掴むことはできるはずですので、まずは確認しておくことです。

 

 

そして、退職金を巡る注意点ですが、税金がかかるということです。

 

 

でも、国の制度としては退職金に関しては、税がなるべくかからないように設計しているので、それほど心配は必要ありません。

 

 

退職所得控除は、「(勤続年数ー20)x70万円+800万円」ですから、40年間勤務すると、「(40-20)x70+800=2200」となりますので、2200万円までは税金はかかりません。

 

 

そして、仮にそれを超える金額であったとしても、超えた金額の半額が対象です。

 

 

税金はその額次第で税率が異なりますので、額も率も一律ではありません。 もう一つの注意点は、退職金の運用ということです。

 

 

今は、利率のつかない経済状態で、どう運用しようとしても、高い運用益を得るのが難しくなっています。

 

スポンサー リンク

 

そこで無理をすると、元手もなくすことになりかねません、余程の自信がないかぎり、ハイリスクの投資は避けて、無理をしないのが賢明です。

 


スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧