スポンサー リンク

年末調整計算シミュレーション!ふるさと納税における年末調整などを解説

jiサラリーマンの人などがすでに勤務先から徴収されている所得税の年末に調整するための段取りが、年末調整です。

 

 

このとき、その年においてふるさと納税などを行っていれば、そのことを年末調整で処理が出来るようになりました。

 

スポンサー リンク

 

したがって、翌年の確定申告は不要ということになったわけです。

 

このとき、ふるさと納税先が5カ所以上の場合などのように、条件によっては年末調整で対応が出来ない場合もありますので、勤務先の庶務といった担当の人に確認をした方が良いでしょう。

 

 

また、最近では年収やその他の条件の入力を行うことで、仮計算を行いシミュレーションが出来るサイトなども公表されている状況です。

 

スポンサー リンク

 

これからふるさと納税をしようと思う人は、事前に利用してみるのも有効でしょう。

 

 

ただし、このふるさと納税はそもそも一定額以上の収入がないとそもそも意味がありません。

つい、ふるさと納税の返礼品に目が行きがちですが、むしろ減税を行えることがメインであり、自己負担相当の2千円分について負担が可哀想だからということで、返礼品の設定が始まったという経緯があります。

 

 

したがって、返礼品と減税がどの程度受けられるのかをよく見極めることが、ふるさと納税を行う側には求められます。

 

 

無論、受けられる減税以上にふるさと納税を行っても構いませんが、無駄になってしまうことに留意が必要です。

 

 

かつてはこのふるさと納税正式には寄付金控除といいますが、寄付金控除は確定申告以外では対応が出来ませんでした。

 

 

年末調整などでの対応も認められていなかったわけです。

 

 

利便性の面で不便だという声が上がるようになり、では年末調整で対応がある程度は出来るようにしようということで、税制の一部が改正されています。このように少しずつ利用がしやすいように国側でも動いています。

 

 

正確な知識を持って制度を賢く利用できるようにすることも、納税者にとって非常に重要なことであることが言えるでしょう。

 

スポンサー リンク

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

わかりやすい年末調整の手引(平成26年版) [ 黒木邦弘 ]
価格:1800円(税込、送料無料) (2016/9/3時点)

年末調整の計算ならこちら

スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧