スポンサー リンク

ANAカード

loANAカードはマイルを貯めたいと考えている人には必須のカードです。

 

 

クレジットカード利用によるポイントをマイルに移行できるというのがメリットで、基本的な還元率は0.5%、つまり利用額1000円あたり5Mとなります。

 

スポンサー リンク

 

しかし、年間5000円程度を別途支払うことで、この還元率を2倍の1%にすることができます。

1000円あたり10Mとなるわけです。

 

 

仮に、1Mの価値を1円相当と考えると、1000円で5円違うわけですから、5000円分の元を取ろうと思えばその1000倍、つまり年間に100万円クレジットカードを利用する場合は、5000円を追加で支払っても10Mもらえたほうがよいということになります。

 

スポンサー リンク

 

年間100万円の利用はかなりの金額ですのでよく考える必要があるでしょうが、普通は、1Mの価値は1円相当ということはあまりなく、少なくとも2円から3円程度の価値はあるでしょう。

 

 

そうなってくると、年間利用金額も低くなって33万円から50万円程度で元が取れるということになり、ハードルはぐっと下がります。

 

 

また、ANAカードにはキャンペーンや特典なども数多く用意されています。

 

 

一般のANAカードでも入会時と毎年の継続時には1000Mのボーナスがあります。

事実上、年会費の元はこれで取れる計算です。

 

 

さらに、フライトごとのボーナスマイルもあり、一般のANAカードでも各フライトの10%がプラスされます。

さらに、ANAカードマイルプラスと呼ばれる特約店があり、クレジットカードのポイントとは別に利用金額に応じてマイルが貯まります。

 

 

 

200円で1Mまたは100円で1Mです。一部のカードでは、ANAカードから電子マネーのEdyにチャージすることでも200円あたり1Mが貯まります。

 

 

 

これらは飛行機に乗らなくてもマイルを貯める方策として非常にお得で、実際、陸マイラーと呼ばれる、飛行機に乗ることなくマイルを貯める人も多くいるくらいです。

 

スポンサー リンク

 

ANAカードのホームページはこちら

スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧