スポンサー リンク

障害者年金の給付金のシステムについて解説!受給資格や1級や3級の手続き★

障碍者年金と言われているものは本来障害年金と言います。

 

受給できるのは国民年金法、厚生年金保険法により、病気やケガなどである一定の障害が残り、その状態になった人に対して支払われます。

 

スポンサー リンク

 

厚生年金の場合の受給資格は、

①厚生年金に加入している間に初診日があること、

②一定の障害の状態にあること、

③保険料納付状況では、《1》初診日の前日において、初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間の間、保険料が納められているか免除されていること、《2》初診日が65歳未満で、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと、のいずれかを満たしていることが必要となっています。

 

スポンサー リンク

 

厚生年金に加入している人はその障害に応じて1級・2級・3級があります。

 

その障害年金の給付金とも言える年金は国民年金に加入の場合は1級と2級のみです。

 

給付金は国民年金加入の1級・2級の場合は「障害基礎年金」で、厚生年金に加入の場合は「障害基礎年金」と「障害厚生年金」が支給されます。

 

また、厚生年金に加入していて条件を満たしていてある程度の障害があると3級に認定されて支払われます。

 

似たような障害であっても、その人により給付金は違ってきます。

 

平成28年4月分からは1級の場合は、(報酬比例の年金額)×1、25+(配偶者の加給年金額《224,500円》)で、3級になると(報酬比例の年金額)となっており、厚生年金に加入の月数が少なくて条件に満たない場合は最低保障額として年間585,100円となっています。

 

障害年金の受給を希望する場合には手続きが必要となります。

 

住所地の市区町村役場、年金事務所、街角の年金相談センターの窓口にあります。

 

そこで必要書類が提示されますので、障害給付裁定請求書、診断書、病歴・就労状況申立書などを揃えて提出します。

 

その時は本人だけでなく、ケアマネージャーや社会保険労務士の人の説明を受けて提出したりします。

 

スポンサー リンク

 

受給資格が認められると2ヶ月に1度振込となります。

 

障害者年金の無料相談ならこちら

スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧