スポンサー リンク

軍艦島への行き方!オススメのツアー会社や予約の際に注意するべきこととは?

軍艦島地図

 

軍艦島は長崎港からは船で40分ほどの距離にある島で、まるで軍艦のような形をしていることからそう呼ばれるようになりました。

 

 

もともとの名前は端島といいます。

 

 

 

上陸は年間でも100日間ほどで、4月頃から10月頃までがシーズンとなります。

 

 

 

アクセスするには船を使うことになります。    

 

 

軍艦島へ行くには軍艦島の上陸ツアーを利用するのも便利です。ツアーを利用する場合には各ツアー会社に確認しておくといいです。

 

 

スポンサー リンク

 

注意しなければいけないのは家族で参加した場合、小学生以下のお子さんは軍艦島へ上陸することができないので保護者と一緒に船で上陸している約1時間ほどの間待機することになります。

 

 

それでも近くで軍艦島を見ることができるのだからということであれば参加させてあげるのも良い思い出になるのではないでしょうか。    

 

 

軍艦島への行き方は4社ほどあるツアー会社のいずれかに予約を入れ、各会社のチケット売り場でチケットを手に入れて船に乗り込むだけです。

 

スポンサー リンク

 

3社ほどは全行程で2時間30分くらい、1社だけは軍艦島の一つ手前にある高島へも上陸して炭鉱資料館などを見学することができるため、全行程は3時間ほどになります。

 

 

 

しっかりとした地図も一つ用意しておいたほうが万が一の際にはいいかもしれません!    

 

 

 

 

そして気をつけておきたいのが天気次第では島に近寄ることができないため、軍艦島周辺をまわるだけで戻ることになるということです。

 

 

料金の返金はありませんので、なるべく天気の良い日などを狙って予約を入れるほうが良いでしょう。

 

 

 

 

また予約ではなく当日受付のみ、支払もクレジットカードは使えず現金だけという会社もありますので、その辺もきちんとチェックしておくと良いです。

 

 

ちなみにこの島は世界遺産の一部となっています。

 

 

かつてはこの島は海底炭鉱によって栄えており、明治時代頃から昭和49年の閉山となるまでは東京以上に人口密度が高かったといわれています。

 

 

 

 

現在でも島にはかつて人々が住んでいた住宅の跡が残っています。残念なのは建物の崩壊が進んでいるということでしょう。

 

スポンサー リンク

 

そのため一部の外壁については修復はされているものの、かつての大正時代から昭和にかけての集合住宅の遺構として注目されています。  

 

 

軍艦島へのアクセスなら軍艦島コンシェルジュが参考になります

スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧