スポンサー リンク

銀行コード検索!ゆうちょ銀行での金融機関コード検索をする方法は?

銀行振込をする際などに必要となるのは、銀行コードや支店コード、口座番号といったものになります。

 

これは、統一金融機関コードといって全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会によって定められています。

 

保有しているキャッシュカードの中には、金融機関コードが記載されているものありますが、それを見れば安心という訳でもありません。

 

なぜなら、キャッシュカードを作成した時点から、支店の統廃合や銀行自体の合併が行われた場合、金融機関コードが変わる可能性がある為です。

 

その様な際には、銀行の窓口で確認するのもひとつの方法ですが、インターネット上で金融機関コードを検索できるサイトがあります。それを利用すれば、金融機関コードはすぐに確認することができるので便利です。

 

 

次に、支店コードの確認ですが、同様にインターネット上で検索することができます。支店の名前がわかるときには支店名を入力します。

 

あいまい検索にも対応しているので、一文字でもわかれば検索は可能です。キャッシュカードに記載のある店番号から検索することもでき、これも便利な機能だといえます。

 

 

スポンサー リンク

 

 

では、ゆうちょ銀行の場合はどうしたら良いのかですが、ゆうちょ銀行のキャッシュカードをみても5桁と8桁の記号番号が印字されているだけで、本来3桁であるはずの支店コードがどこに該当するのかわかりません。

 

口座を作った郵便局の名前を入力しても、あいまい検索をしても該当データはありません。となります。

 

これは、ゆうちょ銀行の場合、全銀協のシステムに接続する為に、口座番号と別の変換した番号が必要になるからです。

 

窓口で通帳に印字してもらうこともできますが、これもゆうちょ銀行のホームページで記号番号を入力することで、振込用の支店コードと口座番号を確認することができます。

 

最初に郵便局に振込をするときには、どうしたらよいものかと訳がわからなくなったのですが、調べていくうちに納得できました。インターネットで金融機関コードが検索できるのは、困った時に助けてくれるので、非常に便利な方法だといえます。

 

金融機関コード検索で役立つサイトならコチラが参考になります! ゆうちょ銀行での金融機関コード検索にもしっかりと対応しています。


スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧