スポンサー リンク

為替相場を予測する2つの手法!勝率90%以上の株式銘柄とは?

タブレット為替相場は日々変動しています。原油などの商品市場や株式相場、債権の金利の変化などに釣られて動いているのです。為替相場を予測するとき、2つのアプローチから未来の動きを判断することができます。

 

1つはテクニカル分析という方法です。

 

テクニカル分析はチャートから判断して、売られすぎていたり買われすぎていたり、売買が反転するポイントを探ることができます。トレンドと言って一方方向に動くこともあります。トレンドもまたテクニカル分析から判断することができます。

 

トレンドが出ている最中は動いている方向とは逆側の売買「逆バリ」をしてしまうと、大きな損失を出してしまうことがあるので注意しましょう。一定の価格内で上下する「レンジ相場」なのか「トレンド相場」なのか判断することは難しいのです。

 

短いローソク足だけで判断できませんので、普段は見ないような長期のローソク足を確認することも大切です。

 

 

そしてもう1つの分析方法が「ファンダメンタル分析」というものです。毎日何かしらの経済指数が発表されたり、政策金利の変更、要人発言などによって相場が動いています。

 

ファンダメンタル分析では経済の状況を分析することによって将来の為替相場を予測します。例えば重要となってくるのが雇用統計です。

 

スポンサー リンク

 

特に米国の雇用統計は1ヶ月の中でもお祭りのように騒がれるくらい注目を集める経済指数です。NFPと略されていることもありますが、雇用に関する経済指数は将来の経済動向を探る上で非常に重要なのです。経済状況がよくなければ政策金利を上げることも難しくなりますので、雇用統計から将来金利が上がる可能性まで予測することができるのです。

 

日本やヨーロッパでも雇用統計は発表されますが、世界一位の経済大国であるアメリカの統計ほど動きません。また最近では中国関連の経済指数でも大きく動くようになっています。特に中国と密接な関係があるオーストラリアドルが影響を受けやすくなっています。オーストラリアは中国に大量の原油を輸出しています。また原油相場は資源国通貨の価格変動に大きな影響を与えます。原油が安くなればそれだけ収支が悪化してしまうためです。資源国は資源の輸出に頼った経済モデルとなっているためです。

 

経済にはムードというものが非常に大切です。

 

結局取引をする人は人間ですので、そのときの相場の空気感によって為替は大きく動くのです。日本円のようにリスク回避のときに買われる通貨は、経済が好調なときには安くなる傾向があります。反対に経済がよくないときに買われます。

 

スポンサー リンク

 

円は金利が非常に低くなっていますので、景気が良ければもっと金利の高いハイリターンな通貨へ資金が流れるのです。

 

為替相場はいくら勉強したところで完全に予測することは不可能です。もし不測の事態が起きたときに対処できるよう、リスクをコントロールすることこそ、利益を出し続ける上で大切なことです。時には苦渋の決断でロスカットすることも必要なのです。

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!


スポンサー リンク
2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

商品一覧